見送り

  • 2009/08/29(土) 23:57:05

オフ会でした。レポは明日に。

対戦日程が終わった後は、会場内はステラさんを中心にお手製DSカバーの事で盛り上がっていてみんなとても楽しそうにしていました。

私の対戦の方は今回は一勝だけでした。
爆破対策に集中しすぎて、自分らしいバトルにならなかったからなんでしょうね。

マルチもたくさんやりました。
マルチバトルもさらにステラさんの実況が入ると何倍も面白くなりますね。大いに盛り上がりました。











そして学んだ事、
【自分が変わらなければ人と仲良く交流する事はできない!】

リュージさんとカードの交換の約束をしていてファイルを持ってきていたのですが、私が二回しかリュージさんに催促ができなくてうやむやになったまま解散。カードの対戦の方に夢中の様子でしたし・・。

もっと私がしっかり催促さえしていればこんなことには・・・。


私が持ってきた本を読んで欲しかったんですけど、照れ臭いので見える所に置いておいたのですがやはり駄目でした。こんな時に人に話掛けるのを尻込みしてしまう自分がもどかしいです。

ああ、私もあの輪の中に入って思い切り弾けたい・・。そしたらもっとあの人達と仲良くなれるのに。


会話自体は午前はそこそこは出来てたいものの、後半はほぼ口をつぐんだままでとても悲しい気持ちになりました。帰りの話でもあまり輪にも入れず、本当に解散となった時に一人取り残された時にはものすごく寂しい気持ちになりました。

今回は二次会の会場に行くので早めに移動したんですよね。

帰り道のインコとオウムの専門店でオウム達を見てその可愛さに癒された。


ちゃんと楽しめるよう、オフ会の方達とちゃんと会話ができるように自分を磨きます!


もっと人前で笑いたい!笑いたかったのに・・。 



帰りはくたびれたー!終わり際は、目をしばしばさせてて今すぐにでも寝たい気分でしたし。  



知らない道を自転車で走ってて、知ってる道に合流した時は別世界から戻ってきた感じがしますね。

【乱数解析について】
改造ではないので問題はないものの、高個体値かつ色違いを簡単に出せるようなってしまった事により、ポケモンバトルにはロマンがなくなってしまった。

公式大会で実力者がパーティに高個体値の色違いのポケモンばかりを使っていたら、大会運営側はどんな気分でしょうか。

知り合いがこれにより順次モチベーションを失っていくのを見ていると、憤りを感じます。私が乱数解析に対して悪いイメージを持った一番の理由がこれです。

フレーム調整にDSの時計を2099年(DSに設定されているカレンダーの最終西暦)にしたりするので、トレーナーメモには不自然な記録が残り、あまり見栄えも良くない。

ツール開発側としては、自分達が発見した効率化の手段を共有するためにネットに手順を公開したのだろうけれど、それによって迷惑を被っている人の(特に大会運営者)気持ちをちゃんと考えているんだろうか。

何でも効率化すればそれでいいと言うわけではないし、大体ゲームの楽しみ方としてそれはどうかと思う。人から想像力とか、待つ忍耐を奪ってしまうようなそんな気がしてなりません。


それに乱数解析は理解するのが難しい。これがプロとアマの敷居を上げてしまったのは確かです。

イマイチ、解析チームの考えがわかりません。





いつも大体そうなんですけど、今回はいつもに増してグダグダになってしまったような気がします。決勝トーナメントもいつの間にか終わっていたという感じですし、いつもの景品取り分けも上位下位関係なかったですし。

そして帰りの解散の挨拶後の会話も二次会の会場の関係で、個人的にさよならの挨拶も出来ないまま早めに終わってしまったのは寂しかったです。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム