岩砕きでかけら集め

  • 2010/06/30(水) 15:18:32

雨が続くようになって、梅雨らしくなってきました。去年の梅雨はあまり降らなかったので時期相応の天候になってほっとしてます。
ソウルシルバーの方のポケウォーカーに電池切れ表示が出始めたので、ボタン電池を交換しました。発売日に買ってから大体9ヶ月位。チャンプの道でゴンベを粘る為に頑張ったなあ・・・。

またぼちぼち携帯依存症が出始めてます。毎日携帯を充電しなければいけない状態です。改めて自重するようにしないと・・・。空想する力が強くなれば自然とネットを見る時間も減るかな?
出来れば何かを空想する事に時間を使いたいのですが、ネットを見始めると自分で何かを考えるのが面倒臭くなってしまうんですよね。困ったものです。

少しでも退屈になると携帯を覗いてしまって、何かを空想する時間がなかなかできません。読書も同様です。

今日から岩砕き要員をワンリキーからオオタチに交代しました。岩砕きでアイテム集めは日課なので、毎日やるなら可愛いポケモンの方がいいなと思ったわけです。巡回しているブログで、鋭い目でそのポケモンを先頭にしていると岩砕きのアイテム出現率が上がり、岩砕きをするポケモンが先頭にいるとさらに出現率が上がると言う情報も入手していましたし。

育成するポケモンをプラチナに送るついでにかけら類を持たせてどんどんストックを増やしていますけど、思ったよりかけらを使う機会はないです。

続きを読む

ポフィンを作りたい!

  • 2010/06/29(火) 01:00:08

色違いスイクンでコンテストを制覇したい!その為にコンディションをオールマックスにするためのポフィンづくりが必要なのです。

前に何度となくポケセンのメンバーに交渉してはいたのですが、必要な木の実を持っていない人がいたり、約束を取り付けても約束した人が全体の動きに流されて最後までポフィン作りが出来なかったり、やっとこぎつけたかと思えば通信から弾かれてしまったり。なかなか上手く行きません。

もっとしっかりと約束を取り付けて、下準備を入念にやらないとポフィン作りをする流れに持ち込むのは困難です。空気を壊す位の覚悟がいりそうです。

ちなみにプラチナのコンテストは難しくて、まだ制覇出来ていません。
ダンスのリズムのテンポが遅くなったり早くなったりで難しい。

続きを読む

イラストジャンル

  • 2010/06/28(月) 01:57:03

夕方、どしゃぶりだったのでなかなかキャナルから出られませんでした。顔馴染みの人とじゃないとポケセンオフ楽しめないなあ・・・。今日、やっと全国図鑑クリアファイルをコンプしました!

んー・・、やっぱり自分の絵を盗作されると言うのは嫌なものなんだろうなー・・・と考え直しました。
巡回しているイラストサイトさんが盗作にあったらしくて、記事に書いてある内容からその人の気持ちを想像してみてやっとピンときました。

単に私の想像力がなかっただけでした。当事者の話を聞いてみないと分からないものですね。

私に向いているのは擬人化か原型かトレーナーか、一体どれになるだろう。
服を考えるのは興味がありますし、元々戯れる姿を描くのが好きですし、私がサイトを立ち上げた時にはそれらが混ざったジャンルと言う事になりそうです。


番組コンボ

  • 2010/06/27(日) 00:30:09

「人志松本の滑らない話」の後、間をつかさずに「リアルスコープ」でワンピースのアニメ制作現場の特集があってグイグイ持ってかれました。普段だったら「リアルスコープ」の時間帯までは観てなかったですね。
この視聴者が上手く流れるように作られた番組配置に、感心しました。

とりあえずラーメン二郎の特集の所まで観ました。

「滑らない話」は今回も安定した面白さでした。話術ってすごいなあと思う。耳を疑う話、痛いの痛いのとんでいけの所が特に面白かったです。
最近では珍しく、番組に挟まれるCMもほど良く次の話に対する期待感をそそってくれました。あっと言う間の楽しい時間でした。

「リアルスコープ」のワンピースのアニメ制作現場の潜入取材の時には、妙にテンションが上がりました。なんだかこんな感覚も久しぶりです。
声優さんの素顔ってみてみると面白い。収録現場のマイクの交代、声と声優さんの雰囲気の比較、アフレコ時のアドリブ、合間の世間話、と豪華な内容でした。

今、ワンピースは気持ちに余裕がなくて観れていないのですが、いつかまとめて観たいです。


半透明なキャラクター

  • 2010/06/25(金) 01:27:10

漫画・アニメ・ゲームのキャラクターが個性的な容姿なのは、そうしないとウケにくいからなんですね。
今まで疑問に感じる事もありませんでしたが、赤青黄等の色の髪、ファッション性重視の衣服としての機能性の薄い衣装などは個性を出すためのものなんだと最近知りました。

ただ、私は強烈な個性にはマンネリを感じています。丁度、スーパーやコンビニの食べ物の味付けが濃くて飽きるのと似た感覚です。
ここは個性を主張してこない、まろやかなものが欲しい。私自身もそんなキャラクターを描きたい。

私はなるべく現実的なキャラデザインをと考えているのですが、想像力を働かせてありえない事を描くのが漫画。
これから絵を描くにあたり、このジレンマをどう乗り越えるかが今後の課題です。

続きを読む

検索フォーム